風俗で夢を叶える若者たち

理想と現実

大手職業紹介サイト「13歳のハローワーク(公式サイト)」によると、今の若者の人気の職業第1位はアナウンサーとなっています。

確かに、一昔前は、アナウンサーといえば、デリヘルなどで働く気性の荒い女性のように、夕方のニュースで難しい顔で、日常の様々な事件、事故を報道するってのがイメージでしたが、今は、そのよそおいもガラッと変わってしまったのです。
夜のゴールデンタイムには、人気のモデルやお笑い芸人たちのとなりに、当然のように、たっているのは、各局の女子アナ。その表情は、以前のイメージとはほど遠く、まるでフランス人形のように着飾った華やかな装いとなって輝いて見えるのです。しかしながら、世に出回っている求人の中に、そんなおいしいものばかりがある訳ではなく、そんな世界に憧れる若い女性は、数多く、また、その道のりは狭く遠いのも現実としてある訳で、当然、夢破れていく女性がいるのです。

そんな彼女たちの第二ステージ、敗者復活戦のひとつとして、アダルトビデオ業界など、さまざまな意味で危険の伴う世界からの再チャレンジっていう構図かもしれません。
また、お仕事という枠組みで、アダルト系の職業として、次にでてくるのは、キャバクラやスナックなど水商売・風俗での求人に応募して、成功。
今では、幼稚園生の将来の夢の上位に、キャバクラ嬢ってのがランクインするわけで、小悪魔アゲハやゴスロリといった、風俗メディア戦略で半世紀前までは、それだけで後ろ指さされた職業受持者が、180度違う華やかで優雅な人種へとその変貌を遂げているのです。

先にあげた、アナウンサーではないですが、AV嬢同様、札幌やすすきのと言った都心の一等地などで店を構える人気キャバクラ店などのNO.1kキャバ嬢なんかになった日には、もちろん芸能界などからのラブコールもあるでしょうし、一般の事務などに比べたら、デリヘル嬢などの方が、はるかに高単価で効率の良い収入を手に入れることができるというのですから、魅力的に見えても当然なのかもしれません。北海道の大都市には、そんなリベンジを求める女性たちが日夜奮闘しているのですし、そのおかげで、これだけ冷え切った日本経済においても、すすきのが巨大歓楽街として、今もなお、その姿を保っていられるのです。

【風俗お仕事体験記】青森県のデリヘル店で1か月で、一般職の半年分の給料を稼ぎました

体験さん:青森県在住 Aさん(24歳)の場合

今回、ご紹介するのは、青森県在住のAさんの現実的なサクセスストーリーです。みなさん、青森県では一般職業の賃金がすごく少ないのはご存じでしょうか?求人自体の募集件数も人口に比べてすごく少ないんです。さらに世間では男女平等の時代なんて言われていますけど、まだまだ女性が正社員として正規雇用を獲得するのはすごく大変です。 そんな青森県ですが、風俗嬢のお給料はどうかというと、他県となんら遜色ないんです!
青森県の八戸市が地元のAさんも、大学を卒業したのに、就職が決まらなず、アルバイトで生計をたてる日々を過ごす、一般的な女性でした。東京に行くことも考えましたが、両親も高齢で近くにいないといけない事情もある。だけどお金はほしい。そんなAさんが選んだのがデリヘルで働く事でした。

最初は戸惑いもありましたが、仕事の内容以上に、お給料がAさんにとっては超高収入だったのです。今までアルバイトで月12万円だったのが、デリヘル店で働いてからは、なんと、月に60万円近くを稼げちゃいます。
Aさんから、成功のアドバイスを聞いたところ、働くデリヘル店をしっかり選ぶことが重要とのことです。Aさんから教えてもらったのがこのサイト、高収入風俗求人情報のともJOB青森版です。青森エリアに特化してあり、各種検索、特にわがまま待遇条件が使いやすいとのこと。あとは自分にあったエリアを選択して、1つずつ求人内容を見ていけば必ず自分に合う求人が見つかるとのことです。

RECOMMEND